Windows 11 アップグレード条件

Windows 11 へ無料アップグレード

Windows 10 PC に一昨年買い替えましたが、もうWindows 11 が出るとのことです。無料でWindows 11 にアップグレードできるので良かったと思っています。

しかし、アップグレードするためには、ハードウェア要件/仕様の最小要件があるので、私のデスクトップパソコンはこのままで大丈夫かを調べてみました。

Windows 10 PC

私の自作PCのパーツ構成は次の通りです。(パーツの詳細:4画面対応トレード 自作PC

windows 10 PC

Windows 11 が2021年10月5日にリリース決定。無償アップグレードも10月5日開始。

Windows 11 登場」のページを下のほうにスクロ-ルすると、「この PC は Windows 11 を実行できます」となっていました。こう表示されれば、わざわざ以下の項目は調べなくても大丈夫です。

Windows 11 アップグレード
出典:Microsoft Windows 11

Windows 11 最小システム要件

Windowsキーを押したまま Rキーを押すと、[ファイル名指定して実行] ウインドウが表示されます。

[名前(O)]欄に「msinfo32」と入力して、[OK] ボタンをクリックする。

msinfo32コマンド

[システム情報] ウインドウが表示されたら、右側のシステムの種類、プロセッサなどの「値」を見れば、プロセッサや物理メモリ容量などを確認できます。

システム情報ウインドウ

1. 1ギガヘルツ(GHz)以上で、2コア以上の64ビットプロセッサ


システム項目の「プロセッサ」と「システムの種類」で確認できます(丸数字 1)

  • プロセッサ:Ryzen 5 3600、6コア、3.60Ghz
  • システムの種類:インストール済Windows 10 は、64ビット、プロセッサはx64ベース(64ビット)

ということで、この項目はクリア。


最初からWindows 64ビット版をインストールしていれば大丈夫。

2. 4GB以上のメインメモリ


インストール済物理メモリで確認できます(丸数字 2)

実際4GBでは、厳しいでしょう。最低でも8GBぐらいは必要です。増設用スロットが空いていれば、8GB、または16GBに増設して対応する必要がありますね。

  • 搭載メモリ:32GB

ということで、メインメモリもOK。


32GBは多すぎると思う方もいるでしょうが、価格も安いので少ないよりいい。


デイトレなど頻繁に取引するトレーダーは、証券会社のトレードツールを使って、チャートや気配をたくさん表示しているので、8GB以上のメモリーを実装していると思います。

3. システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応


BIOSモードとセキュアブートの状態で確認できます(丸数字 3)

  • BIOSモード:UTFI
  • セキュアブートの状態:無効

ということで、UEFIはOK。


セキュア ブート対応が「無効」となっているが、「サポートされていません」でなければOK。


不正なOSの起動を防ぐためには、セキュアブートを有効する必要がありますが、詳細については、勉強してみてください。

「無効」を「有効」に変更する手順はこちら


次にCドライブの搭載容量を調べます。

スタートメニューを右クリックして、[システム]をクリックします。

スタートメニュー右クリック

表示されたウィンドウの左メニューの[記憶域]をクリックすると、右側にローカルディスクの容量と空き容量が表示されます。

記憶域

4. 64GB以上の記憶装置


[記憶域]にローカルディスクの空き容量を確認します。

  • 空き容量:291GB

記憶域の空き容量もOK。


windows 11へのアップグレードをするならば、「空き容量」が64GB以上の記憶装置が必要ということでしょう。

PR
ツクモ
eX.computer

次は、TPMのバージョンを調べます。

Windowsキーを押したまま Rキーを押すと、[ファイル名指定して実行] ウインドウが表示されので、[名前(O)]欄に「tpm.msc」と入力して、[OK] ボタンをクリックする。

tpm.msc

[TPMの管理] ウインドウが表示されので、TPMのバージョンを確認します。

TPM 2.0

5. トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0 対応CPU


TPMのバージョンを確認します。

  • 「TPM 製造元情報」に「仕様バージョン: 2.0」

とあるので、TPMも条件クリア。


次は、DirectXのバージョンを調べます。

Windowsキーを押したまま Rキーを押すと、[ファイル名指定して実行] ウインドウが表示されので、[名前(O)]欄に「dxdiag」と入力して、[OK] ボタンをクリックする。

Dxdiag

[TPMの管理] ウインドウが表示されので、TPMのバージョンを確認します。

DirectX

6. DirectX 12以上対応のグラフィックスカード


DirectXのバージョンを確認します。

  • 「DirectX バージョン」に「DirectX 12」

とあるので、DirectXも条件クリア。


7. ディスプレイは9インチ以上、解像度720p以上

私のデスクトップパソコンは、アップグレードの条件を満たしていました。

念のため、サードパーティ製のWindows 11互換性確認アプリ「WhyNotWin11」でも確認した結果でもOKでした。

「WhyNotWin11.exe」リンクからダウンロードして、WhyNotWin11.exe を直接実行します。

WhyNotWin11

注:BIOSの種類がUEFIであれば、パーティションタイプはGPTなので、BIOSの種類がUEFIであればOK。

8. Microsoft のアカウントとインターネット接続が必要です