野村不動産[優良株]

3231 野村不動産

以下古い内容です。ご注意ください。

リーマンショック時は、不動産関連会社の破綻が続く中、野村不動産の株価もたいへん厳しい時期であった。しかし、その後は順調に株価を回復してきました。

リーマンショック時は株価1,000円

野村不動産 (3231 東証)
株価チャート
取引:100株
決算:3月末日
IRページ
日経電子版:野村不動産

2008年のリーマンショック時の株価は、二点天井を形成(高値2,720円)して、安値は1,700円台である。なおこのときの2,720円は、年初来高値。このあと長らく安値1,000円、高値1,900円の往来が続きましたが、2013年3月に2,000円を付けてからは、少し勢いが出てきたようです。

過去の高安株価を調べてみると、高値は2007年5月の4,570円、安値は、2008年10月の1,018円や2008年11月の1,087円である。野村不動産は2006年10月上場。

【買い】

業績は好調なので、株価は高値圏。しばらくは買い見送り。NISAでも買わないようにしてください。買いは1,500円以下に下がってきてからです。

株価ゾーン 投資判断
~1,250円 積極的買い 迷わず買い
1,250~1,500円 買い 業績好調ならば買い
1,500円~2,000円 見送り -
2,000円~ 売り できれば2,500円以上で売りたい

【売り】

売値は2,000円以上、できれば2,500円以上で売りたいところです。2,500円を超えてきたら、一括ではなく、分割して売るように心がけてください。

野村不動産HDへの投資判断は皆様自身でお願いします。