オムロン[10万円で買えた]

6645 オムロン

1,500円以下になる事が非常に少ない銘柄ですが、2008年10月には13万円、翌2013年2月には10万円以下で買える割安株になっていた時期がありました。

1,500円以下を待つ

オムロン (6645 東証)
株価チャート
取引:100株
決算:3月末日
オムロン IRのページ
NIKKEI オムロン

オムロンは、好財務内容を背景に高株価を維持しており、上昇相場の時には、値上がり幅が大きいので、安いときを狙って買いたい銘柄です。

ところが、なかなか買いたい安値をつけません。1,500円以下の安値は、1999年の1,200円台、2002年の1,300円台があるくらいの優良銘柄。

しかし、リーマンショック時には、かつてない安値が長く続きました。特に2009年2月には、1,000円を割って超安値949円を付けてしまいました。正直この時期に買うのは難しかったと思いますが、余裕資金ならば、絶好の買い局面でした。

2009年の1,000円以下の安値はもうないと思って、為替を加味して、1,500円以下になった時が、買いのチャンスだと思います。

円高のときは、1,000円方向に下落してくるまで待ちましょう。

株価ゾーン 投資判断
~1,000円 積極的買い 迷わず買い
1,000~1,500円 買い 業績不安なければ買い
1,500円~2,500円 見送り -
2,500円~ 売り 中期なら3,000円も望める

オムロンへの投資判断は皆様自身でお願いします。