システナ 2317 [少額で買える株]

どんな会社か

東証

アンドロイドスマホ(携帯)など、スマートフォン向けソフト開発への期待が大きいソフトシステム開発会社です。

2010年4月にシステムプロがカテナを吸収合併して、システナになりました。

システムプロは、東証1部上場の携帯電話向けのソフト開発が主力、東証2部上場のカテナは、金融など企業向けソフト開発が主力でした。

システナの株価は、じりじり上昇し、2017年に入ってからは、高値2,475円を付けました。もし、この後急騰したら、私なら保有株の半分は売ります。

投資判断

システナ (2317 東証)
株価チャート

合併直後は業績拡大で人気化し、7万円台の株価をつけましたが、その後下落して、一時4万円をも割り込む安値を付けました。そのときは総悲観状態だったので、買いにくいですが、システナは、自己資本比率が高く、財務内容も優良なので、相場環境が悪いときが本当のチャンスです。

株価ゾーン 投資判断
~5万円 積極的買い 有配当なら迷わず買い
5万~5.5万円 買い たくさんは買わない
5.5万円~ 見送り -
8万円~ 売り 出来高が多いうちに売り
銘柄情報
市場 東証第1部
取引単位株数 1株
決算期日 3月末日
システナ IRのページ

システナ(2317)への投資判断は、皆様自身でお願いいたします。

日経電子版:システナ