ROA(総資産利益率)

ROA = 利益 ÷ 総資産(自己資本+負債) × 100

株券

ROA(Return On Asset:総資産利益率)は、総資産に対する利益の割合を示す指標です。この数値が高ければ経営効率がよいことを示します。利益には、通常当期純利益を用いますが、営業利益や経常利益などが使われることもあります。

他の株価指標も使う

ROAでは、分母を総資産つまり、自己資本+負債にして計算しているので、負債の多少による影響を受けません。ROEの計算では、分母に自己資本のみを使っているので、負債が反映されず、負債が多いとROEが高くなる問題点があります。

たとえば、高い土地の購入や、設備投資を借入金で行うと、この負債がROEには反映されないからです。これを改良した指標がROAです。

同じROA値なら、より自己資本比率が高い企業のほうが、安全であると見ることができます。

なお、自己資本比率は次の式で計算されます。

  • 自己資本比率 = 自己資本 ÷ 総資産 × 100

自己資本は、資本金+資本準備金+利益準備金+その他剰余金+その他有価証券差額金+繰延ヘッジ損益の合計であり、返済の必要のない資本です。

ROAは他の株価指標と複合して使えば、なお効果的です。