オーダーメイド BTO-PC

オンライントレードPC

トレーディングツール・インターネット閲覧・ワープロ・表計算・YouTubeなどの動画を見るなら、メインメモリーは、32bit Windowsなら4GB(4GB超を搭載しても使えない)、64bit Windows ならば、8GB~16GB。

Windows 10 ならば、必ず、64bit版にして、メインメモリー4GBの壁を取り除きましょう。

実行速度を重視するならば、HDDを搭載しないで、価格が大幅に下落したSSDを搭載。そうすれば、HDDの回転音もなくなります。

Windows 10 PC

SSDにOSやトレードツールをインストールすれば、電源ONからトレードツール起動までの時間が劇的に速くなります。シャットダウンの時間も短くなります。そして、HDDの回転音がないので、静かなPCにもなります。

出来高が多い銘柄のチャートや気配をたくさん表示していると、値動きが激しい時などに、トレーディングツールがフリーズしてしまうことがありますが、SSDを搭載していれば、短時間で再起動できます。これが大きなメリットです。

ドスパラ自作PC

秋葉原でマルチモニターPC

部品の選択肢が多いBTOショップは、たくさんありますが、その中でも秋葉原の老舗TSUKUMOやドスパラは、信頼性の高いパーツが選べて、ビジネスPCからゲームPCまで幅広くオーダーメイド PCを取り揃えていて、高性能かつ省電力の静かなマルチモニターPCを、良心的な価格で購入することができます。

マルチモニターPC 標準構成

TSUKUMO のカスタマイズページから、パーツを選んでいけば、合計金額を知ることができ、必要なら見積を依頼することもできます。

空気の流れ(エアフロー)に重点をおいて設計された専用オリジナルケースに、厳選された高品質パーツ採用。 高性能、高冷却を兼ね備え、安定と品質を両立させたスタンダードモデルです。

【広告】カスタマイズはこちら → SSD搭載 マルチモニタモデル

Sycom社のBTO-PC

Sycom社は、信頼性の高いパーツが選べて、きれいな配線で組み立ててくれるオーダーメイド PC組立て販社として人気が高い。

Sycom社でも高性能で省電力、なおかつ静かなマルチモニターPCを、良心的な価格で購入することができます。

[広告] Sycom ミドルタワーPC


4画面モニターを目指すなら、AMD のAPU搭載の マルチモニター自作PC や、TSUKUMOのSSD搭載 マルチモニタモデル を検討してください。

ビデオカード1枚で4画面まで出力可能です。

自作PCの詳細はこちら → マルチモニター自作PC