デイトレード自作PC

4画面対応トレード 自作PC

PR

マルチモニター自作PC
Windows 11 対応
SSD搭載高速トレードPC
メモリー増設で速くなる
オーダーPC
ブロードバンドで株
フレッツ光 ギガマンション
SIMフリー タブレット
・[広告]と 関連コンテンツ

一昨年買い替えましたWindows 10 PC ですが、2021年10月に、Windows 11 が出ます。同時に Windows 10 からは、無料で Windows 11 にアップグレードできます。

しかし、アップグレードするためには、ハードウェアに条件があるので、調べてみてください。私のデスクトップパソコンはこのままでで、Windows 11 にアップグレードできるが分かったので、良かったです。

Windows 11 にアップグレードできるPCの条件

Windows 11 がでるので、この機会にパーツを購入して、PCを組み立てる自作PCはいかがですか?

そして、トレードに使うのなら、最初から4画面のマルチモニターに拡張できるパーツで組み立てませんか。自作PCなら、信頼できるパーツで、トレード用マルチモニターPCを、納得できる価格で組み立てることができます。

マルチモニター
[広告] Dell 24-30インチモニタ

トレード用自作PC

トレードツールは市場が活況になって大商いになると、動作がもっさりして遅延が発生します。

また、注文時にショートロックがかかり、特に寄付きなどでは、発注までに時間がかかることもあります。その意味でも、PC性能による遅延が起こらないように、ハイスペックのパーツを選択することが大切だと思います。

Windows 10 PC

BTO-PC(オーダーPC)

自作は無理だという方には、あらかじめ用意されたいくつかのパーツの中から好きなものを選んで、組立ててもらう BTO-PC(オーダーPC)という購入方法もあります。

BTO-PCは、自分で選らんだパーツで組み立てて、自宅に届けてくれるので、すぐ使えます。

秋葉原のツクモやドスパラ、オーダーPC専門のサイコムなどが良心的なので、ネットで調べてみてください。

BTO-PC(オーダーPC)の詳細

自作PCパーツ

自作PCが初めての方は、トラブルに備えて、直接秋葉原などのPCパーツショップに行って、1店舗でまとめて買うことをおすすめします。CPUとマザーボードをセットで買うと、割引サービスがあったりもします。

ネットショップで購入する時は、アマゾン、ツクモ、ドスパラなど評判の良いショップにしましょう。アマゾンの場合は、できるだけアマゾン直販を利用しましょう。

次の表は今回購入したパーツ一覧です。

自作PCパーツ

以下PCパーツ画像と「商品ページ」のリンク先は公式サイト【広告】になります。

Windows 10

Windows 10 は、必ず64bit版にすること。Windows 11 へのアップグレードは、64bit版が条件です。32bit版を買わないこと。

Windows 11 へは、無料でアップグレードできます。

Windows 10 Home USB版
  • 32bit版と64bit版がUSBメモリーに同梱されています。DVDディスクではなく、USBメモリからインストールするのが一般的。

インストールはDVDと同様

  1. 購入したWindows 10 の入ったUSBメモリをPCに挿して電源ON
  2. 特定キー(F11キー、F8キー、Deleteキーなど)を押してBIOSを起動
  3. USBメモリを起動ドライブに指定

これで、自動的にインストールが始まる。64ビット版を選択してください。

アマゾン ツクモ
Windows 10 DSP版
  • PCパーツと同時購入するのが、DSP版購入の条件
    アマゾンでは、バッファローLANボードが付属したセット品で販売
    自作ならば、メモリーやCPUなどのパーツと一緒にDSP版を購入
  • 32bit版は、windows 11 にアップグレードできないので、必ず64bit版を購入。できれば、制約のないUSB版をおすすめします。
  • ツクモでは、必ずWindows 10 PC に搭載するパーツと一緒に購入してください。
アマゾン ツクモ

PR

CPU:AMD RYZEN 5

トレードメインなら、価格が安く、文字描画が綺麗だと言われているAMDのCPU(AMDではAPUという)で十分。AMDのCPUは、今ではインテルよりも人気があります。

末尾にGの付くCPUは、ビデオカード(グラフィックボート)を搭載しなくても、モニター出力に対応しているので、マザーボードの出力端子の数だけモニターを接続できる。

AMDのCPUの良い点のひとつは、CPUの取り付けが簡単なことです。レバーを倒すだけなので、自作が初めてでも簡単に装着できる。

同梱のCPUクーラーは、最初からグリスが塗ってあるので、別途グリスを購入する必要なし。口径が大きくなり、放熱が良くなるように改良されている。

発熱量が少ないので、ファンの回転数も上がらず、静かである。使い方にもよりますが、トレードメインで使えば、おそらく夏でもPCは熱くならない。

2画面までなら AMD RYZEN 5 3400G
(Windows 11 対応)

ビデオカード追加なしで、2画面(注意:3画面にも対応しているようですが、3画面出力できるマザーボードがなかった)。

将来3画面以上の予定があるなら、価格も高くなったので、AMD RYZEN 5 3600をおすすめします。最初からビデオカードを搭載したほうが楽

アマゾン
3画面以上なら AMD RYZEN 5 3600
(Windows 11 対応)

ビデオカード(グラフィックボード)必須。

ビデオカードにモニタ端子が3つ以上あれば大丈夫。

HDMI x 2、DisplayPort x 2 や
DVI x 1、HDMI x 1、DisplayPort x 1 など

アマゾン ツクモ

PCケースに組み込む前に、仮組みして動作確認
仮組みテスト

マザーボード

AMDのRyzen 5 の場合、マザーボードはRyzen 5 対応のSocket AM4から選びます。人気がある B-450 を選べば大丈夫です。

おすすめの ASRockのB450 Steel Legend はATXサイズなので、PCケースはミドルタワーにします。

ASRock B450 Steel Legend
(Windows 11 対応)
  • AMD AMD RYZEN 5 3400G は、内臓グラフィック機能を搭載しているので、グラフィックボード無しで、このマザーボードなら、2画面同時出力が可能です。
  • グラフィックボード(ビデオカード)を1枚搭載するだけで、3画面以上のマルチモニターになりますが、ドライバーのインストールで苦労すかもしれないので、3画面以上のマルチモニターを考えているならば、最初から AMD RYZEN 5 3600 にしたほうが後々楽です。
  • ツクモは在庫なしです。入荷リクエストができます。
アマゾン ツクモ

ビデオカード

3Dのゲームソフトなどを使わないのであれば、安いビデオカードでもよいのですが、搭載チップが古い製品が多く、ドライバーのインストールに苦労することが多いので、おすすめしません。

Windows 11 では、DirectX 12 である必要があります。必ずDirectX のバージョンを確認してください。

ファン付きビデオカードは、特に夏はうるさくなる製品があるので、レビューで「静か」となっているものを選びましょう。なおかつ取り付けが簡単なビデオカードを選びましょう。

ASUS ROG-STRIX-GTX1650-O4GD6-GAMING
 
  • HDMI x 2、DisplayPort x 2 の4画面出力
  • 商品名の最後がGAMINGとなっているが、オフィス向きのビデオカード。(0dBテクノロジーにより、GPUコアの温度が55℃を下回ると、ファンの回転を止めることが可能)
  • ファンが2つ付いているが、トレード・ビジネス用途で使えば、おそらくファンは回らず静か
  • 現在在庫があっても高値なので、次の安いグラボをおすすめします。
玄人志向 GF-GTX1650D6-E4GB/DF3
(Windows 11 対応)
  • HDMI x 1、DisplayPort x 1、DVI x 1の3画面出力
  • DirectX 12 なのでOK
  • ゲームをせず、トレード・ビジネス用途ならばおそらく静か。ファンが2つあるので、冷却力は十分。トレードやWeb 閲覧、YouTubeなどの動画程度なら、ファンは低速回転でしょう。
アマゾン PCショップアーク

PR

メインメモリー

ノーブランドは避けて、人気のCFD(メルコグループ)、トランセンド(TranScend)、UMAX、I-O DATA、バッファロー(BUFFALO)、シリコンパワー(Silicon Power) などから選べば大丈夫です。

Windows 10 をインストールする時は、必ず64bit版にします。64bit版だけが、Windows 11 にアップグレードできます。

搭載容量は、16GB(8GB x 2枚)。予算が許せば、32GB(16GB x 2枚)。ネットトレードメインなら、8GB(4GB x 2枚)でもOKだが、多めのほうが安心。

CFD W4U2666CX1-8G (DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組)
  • 永久保証付き
  • 「デスクトップPC用ゲーミングメモリ」となっていますが、トレード・ビジネス用でも問題ありません。売れ筋なのでこのメモリーはおすすめ
アマゾン ツクモ

CFD W4U3200PS-16G (DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組)
  • 価格が安くなっていたので、思い切って、CFDの 16GBの2枚組のメモリーもおススメすることにしました。従来のメモリーよりも省電力
  • こちらのメモリーも永久保証付き。
アマゾン ツクモ

SSD

高速起動のSSDが安くなっているので、HDDをやめてすべてSSDを搭載。Windows 10 やトレードツールなどのアプリ用1台と、データ用に1台または、2台搭載するとよいでしょう。

SSDの容量は、メインメモリーと同様にケチらないことにします。HDDを使わないので、OSやアプリの起動が高速になり、なおかつ回転音やガリガリ音がないので、静かなPCに仕上がります。

1台目:500GB(WD Black SN500 NVMe WDS500G2B0C)
  • SSDに Windows をインストールすると、電源ONからPCが使えるようになるまでの時間は、HDD起動に比べると、劇的に短い。もちろんシャットダウンも速い
  • しかも、新たに正式サポートされた規格のM.2スロットに刺すタイプなので、従来のSSDよりさらに高速になります。(注意:ASRockのマザーボード B450 Steel Legendは、M2スロットは2つありますが、高速なのはひとつだけで、もうひとつのほうは従来のSSDと同等の速度)
アマゾン ツクモ

2台目:500GB(crucial クルーシャル MX500 CT500MX500SSD1/JP)
  • 2台目はDドライブ(データ保存用)
  • 予算が許せばさらに1台搭載して3台。3台目はEドライブ(データバックアップ用)。定期的にバックアップするようにしましょう。万が一を考えて、最重要のデータはUSBにも保存すると良いでしょう。Windows が不調になった時のイメージのバックアップもEドライブに作成。
アマゾン ツクモ

PR

電源ユニット

電源ユニットは、結構発熱するので、夏は部屋の気温を押し上げます。価格は高くなりますが、80PLUS GOLD認証以上の電源を選んだほうが良い。電源は高品質のほうが安心。

Seasonic FOCUS-GX-650(80PLUS Gold認証 650W)
  • 10年間の新品交換保証付きの電源
  • 低発熱かつ高変換効率80PLUS GOLD認証による無駄な廃熱の低減と、自動回転数制御に対応した120mmファンを使用しているので、静かさを保ちつつ、電源を冷却してくれます。
  • 日本メーカー製高品質コンデンサを採用しているので耐久性がよい
アマゾン ツクモ

PCケース

重量が軽めのミドルタワーケースを選択します。軽ければ移動も楽です。また、配線を考慮した構造になっているケースが良い。

Cooler Master Silencio S600
  • 内側には、遮音材が丁寧に貼り付けられているので静か
  • ファンの回転数をパソコンが自動制御してくれる 120mmファンを2つ標準搭載して、内部は熱くなりにくい通気設計。トレードツールやインタネットの閲覧、表計算等ビジネスソフトなどでは、内部は熱くならないので、ファンも静か
  • SSDの取り付けは簡単、マザーボードの裏に配線のスペースがあるのでメンテが簡単。サイドパネルを開けるのは、手回しのネジなので楽(最初はドライバーを使いましたが)
アマゾン ツクモ

光学ドライブ

パイオニアの Windows10 対応の高性能型内蔵ブルーレイコンボドライブです。

パイオニア BDR-212BK
  • 色はブラックなので、ミドルタワーケース(Cooler Master Silencio S600)なら違和感なく収まる
  • 付属ソフト(PowerDVD14、Power2Go8、InstantBurn5、LabelPrint2 の4ソフト)が付属する商品もありますが、付属ソフトなしでも大丈夫
アマゾン ツクモ