PBR(株価純資産倍率

PBR = 株価 ÷ 1株純資産(BPS)

PBR(株価純資産倍率)は、1株当たりの純資産(株主資本ともいい、資本金+法定準備金+剰余金)に対して、株価が何倍になっているかを示す株価指標です。

計算式から分かるように、仮に株価が2倍になれば、PBRも2倍になり、逆に株価が1/2になれば、PBRも1/2倍になります。つまり純資産が同じ場合なら、株価はPBRに比例することになります。

PBR 1倍が会社解散価値

PBRが1倍であれば、仮に会社が解散しても、投資金額がそっくり戻ってくる計算になります。理論的には、PBRが1倍を割れることはないのですが、実際には1倍を割って、割安な株価になっている銘柄もあります。

企業が儲かり利益を上げて純資産が増加すれば、今と同じPBRを維持するためには、株価が上がる必要があります。逆に、企業が損して純資産が減少すれば、今と同じPBRを維持するためには、株価は下がらなければなりません。

異常に低いPBRに注意

経営破綻した企業の中には、破綻前には異常に低いPBRだったことも、忘れないでください。

たとえば、株価500円で1株純資産(BPS)500円なら、PBRは1ですが、株価150円なら0.3になり、とても割安な株価に見えます。

しかし、純資産の中には、相当額の含み損が含まれていることが予想できます。実際には債務超過担っているケースもあります。PBRが異常に低い銘柄への投資は、慎重に行う必要があります。

東証1部銘柄をPBR0.3倍以下でスクリーニング(検索)すると、いくつかの銘柄が見つかります。これらの銘柄については、業績や他の指標や財務内容を良く調べてから投資するようにしてください。私なら投資はしません。

倒産しない上場企業の簡単判定法 も参考になります。最低限自己資本比率と流動比率は必ず調べましょう。

下の例では、シャープがちょうど1倍で、日立やキャノンなどに比べて、良いPBR値になっています。シャープがお買い得かどうかは、繰り返しになりますが、必ず他の指標や業績予想、財務内容を分析して判断してください。

コード 銘柄名 株価 連結PER PBR
6501 日立 465円 10.5倍 2.36倍
6752 パナソニック 1,167円 33.6倍 1.40倍
6753 シャープ 876円 32.4倍 1.00倍
7739 キャノン電子 2,273円 12.4倍 1.73倍
7751 キャノン 4,195円 22.9倍 3.08倍