つみたてNISAのはじめ方

つみたてNISA 2018年1月運用開始

「つみたてNISA」は、満20歳以上の日本に住んでる人が2018年1月から利用できます。ここでは「つみたてNISA」のしくみや手続き方法、メリットなどについて説明します。

【注意】ここに掲載した情報は、将来変更されることがあります。ご注意願います。

現行のNISA口座との併用不可

現行のNISA口座(以下、一般NISAと表記)とつみたてNISA口座の併用はできません。いずれか一方を選択する必要があります。

つみたてNISA口座手続きは、NISAが初めての方と、すでにNISA口座を持っている方とでは、手続きが違います。このページの後ろのほうにケース別に書いてありますので、参考にしてください。

最長20年間譲渡益と分配金が非課税

年間40万円、最長20年間(最大800万円)まで運用できます。積立形式なので、毎月最大33,333円(40万円÷12)まで。ただし、金融機関によっては、たとえば、毎月2万円の積立にして、ボーナス時期だけ4万円のような設定も可能です。

購入した年から数えて20年間は、譲渡益と分配金が非課税になります。

つみたてNISA

分配金の受領は株式数比例配分方式

株式数比例配分方式

一般NISA・つみたてNISA口座で分配金(配当金)を非課税で受け取るためには、注意点がひとつあります。

それは、証券口座で配当金を受け取る方法を「株式数比例配分方式」に変更する。この方式に変更しないと、分配金(配当金)を非課税で受け取ることができません。この方式以外は、源泉徴収されます。

NISA口座に限らず、どれかひとつの証券口座を「株式数比例配分方式」に変更すれば、他証券会社の口座もすべて自動的に「株式数比例配分方式」に変更されます。

投資信託とETFに限定

つみたてNISA口座では、投資信託とETFにしか投資できません。

投資信託には条件があり、毎月分配型ではなく、販売手数料と解約手数料がゼロ、信託報酬が低額の商品に限定されます。

ETFを取扱わない金融機関があるので、その場合投資信託しか買うことができません。

購入は、金融機関が毎月決まった時期に自動的に行います。

マイナンバー提示

マイナンバー

口座開設するためには、本人確認書類を提出する必要があります。2016年1月から、新規口座開設、NISA口座の開設、特定口座の開設にマイナンバーに一本化されました。

【マイナンバーカードの提示】 このカードだけで本人確認になる。

【通知カードの提示+運転免許証】 運転免許証は写真付きなのでこれだけでOK。

【通知カードの提示+写真なし書類】 健康保険証のコピー、印鑑登録証明書、住民票の写し、各種年金手帳のコピーの中から2種類が必要。

すでにマイナンバーカードを提示済の場合、つみたてNISA口座開設時に、再度マイナンバーを提示する必要はありません。

確定拠出年金(ideco)とは併用可能

ただし、運用益非課税かつ所得税優遇の確定拠出年金(ideco)とつみたてNISAは、併用して運用することはできます。もし長期運用をするなら、所得税優遇もある確定拠出年金をぜひ検討してください。こちらのほうが取扱商品は豊富です。

つみたてNISA早わかりガイドブック

つみたてNISA早わかり
出典:金融庁 NISA推進・連絡協議会

つみたてNISA口座開設の手続き方法

初めてのNISA(証券口座を持っていない)

NISA口座

満20歳以上の人が、通常のNISA口座、またはつみたてNISA口座のいずれか1口座を金融機関に開設できます。複数の金融機関にNISA口座を開設することはできません。

証券会社にNISA口座を開設するときは、必ず証券口座+NISA口座、または証券口座+つみたてNISA口座のセットで申込む必要があります。証券口座+NISA口座+つみたてNISA口座の開設はできません。

銀行の場合は、投資信託口座とNISA口座の開設、または投資信託口座とつみたてNISA口座の開設を申込みます。

NISA口座だけを開設することはできません。

複数の証券会社に口座を持つことはできますが、A証券に証券口座+NISA口座、B証券に証券口座+つみたてNISA口座のように、複数のNISA口座を持つことはできません。

特定口座

証券口座を開設するときには、同時に特定口座を開設することができます。特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があり、特定口座開設時にいずれかを選択しなければなりません。「源泉徴収あり」口座を選択すれば、確定申告が不要になり手間いらずです。もちろん必要があれば確定申告することもできます。

[広告]
詳細 つみたてNISA手数料 株式手数料
特典例
松井証券 無料(ETF取扱無し) NISA株式手数料恒久無料。1日の現物取引と信用取引の約定代金合計10万円以下手数料無料

取扱商品は変更になる可能性があります。

古い東京ガス株券

初めてのNISA(証券口座開設済)

証券口座にログイン後、つみたてNISA口座の申込書類を請求すると、必要書類が郵送されてきます。必要書類があれば、それらを揃えて返送します。

一般NISA口座のある証券会社内でつみたてNISA口座に移行

出典:SBI証券重要なお知らせ抜粋
つみたてNISAに変更手続き

SBI証券では、「現在NISA口座をお持ちのお客さまが、つみたてNISAに変更される場合は「勘定変更依頼書」を当社に提出いただく必要があります。」となっています。同じ金融機関内で一般NISAからつみたてNISAに変更するときは、書面による勘定変更手続きが必要です。

一般のNISA口座から他社のつみたてNISA口座に移行

まず、現行のNISA口座のある証券会社から「金融商品取引業者等変更届出書」を送ってもらい、必要事項を記入し郵送する。しばらくすると、「非課税管理勘定廃止通知書」(NISA口座に残高がない場合は「非課税口座廃止通知書」)が送付されてきます。

新たにつみたてNISA口座を開設する証券会社から、「つみたてNISA口座開設届出書」を郵送してもらい、「非課税管理勘定廃止通知書(または非課税口座廃止通知書)」と一緒に、必要事項を記入し郵送します。