インターネットで証券口座開設

インターネットで口座開設

PR

マイナンバー運用
つみたてNISA口座
一般NISA口座開設
証券会社の選び方
株式手数料無料
株式手数料が安い
口座開設 注意点
特定口座メリット
配当金受取り方法
特別口座の売却方法
・[広告]と 関連コンテンツ

まずは、手数料が安いネット証券に口座開設することをおすすめします。株式手数料以外の費用は、ほとんどかかりません。口座開設は、インターネットと郵送で完了します。本人確認もインターネットで完了するようになったので、手間がかかりません。口座開設までの期間がとても短くなっています。

たとえば、au カブコム証券は、本人を携帯等で撮影した画像ファイルをアップロードして、送付すればOKです。東京都内およびその近県については、最短で翌日から、そのほかの地域でも数日で取引することができます。

東証

特定口座も同時に開設できる

口座開設するときは、特定口座 も同時に申込めます。「源泉徴収あり」を選択すれば、証券会社が譲渡益を計算して源泉徴収してくれるので、確定申告は不要です。配偶者控除や国保加入者の保険料になんら影響がないので、これがおすすめです。

確定申告をすることもできます。国民健康保険料や介護保険料に影響が出ないようにするために、住民税(市県民税)では「申告不要制度」を選択することができます。

特定口座のメリット

配当金の受取り方法を選択する項目があれば、「証券会社の口座で受取る」(株式数比例配分方式)が手間いらずで便利です。特にNISA口座を開設する場合には、この方式にしないと、配当金が非課税になりません。


NISAは手数料無料

NISA口座は、口座開設後、別途NISA口座を開設する手続きが必要です。

SBI証券のように、証券口座とNISA口座を同時に申し込むことができます。NISA口座は税務署の審査があるので、NISA口座が使えるようになるのは遅くなります。

多くの証券会社で、NISA口座の取引手数料は無料です。

NISA口座開設注意点

株式手数料以外はほとんど無料

ネット証券は株式手数料以外の費用はほとんどかかりません。手数料も取引金額により無料の証券会社があるので、上手に証券会社を選びましょう。

株式手数料無料