フレッツ光 ギガマンション

フレッツ光ネクスト光配線方式

PR

マルチモニター自作PC
Windows 11 対応
SSD搭載高速トレードPC
メモリー増設で速くなる
オーダーPC
ブロードバンドで株
フレッツ光 ギガマンション
SIMフリー タブレット
・[広告]と 関連コンテンツ

うちのマンションは以前は光回線のVDSL方式だったのですが、今は「ギガマンションタイプ(光配線方式)」も使えるようになりました。回線速度が遅くなっっていたので、最大速度1GBのギガマンションに切り替えました。

VDSL光回線は、共用スペースまでは光ファイバーですが、共用スペースから各住戸までは電話回線を使うので、どうしても速度は遅くなります。利用戸数が多くなったので、Youtube動画が度々止まってしまうほど遅くなっていました。トレードツールにも遅延が発生していたので、スピードテストしたら次のような結果でした。遅すぎです。

回線スピード測定

Broadband Networking Reportスピードテストはこちら

光回線の乗換で一番おすすめなのは、NURO光です。NUROはニューロと発音します。

対応地域は、北海道、関東、中部(愛知/静岡/岐阜/三重)、関西(大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良)、中国(広島/岡山)、九州(福岡/佐賀)ですが、利用可能地域は広がっているので、一度調べてみてください。

So-netなら、セキュリティサービス付き、光電話もあって、これが一番おすすめです。auスマホの料金が永年割引になるサービスもあり、Wi-Fiルーターが永年無料です。他にもいろいろ特典があります。

PR

フレッツ 光ネクスト ギガ

IPv6対応プロバイダに申し込み

現在のプロバイダがIPv6対応なら、そのままでOK。NTTの回線プランの変更だけを申込みます。

まず、新規に契約するインターネットサービスプロバイダ(以下プロバイダやISPと省略)や乗り換え先プロバイダに電話やWeb から申込みます。契約するプロバイダは、IPv6対応が必須。

なぜIPv6が必須かといえば、現行IPアドレス(IPv4という。PCやスマホなど個別の機器を識別する数字)は枯渇が迫っているからです。

現在新しいIPアドレスの規格であるIPv6への移行が進行中です。次世代ネットワーク(NGN)を使っての接続になるので、回線速度の遅延抑制、セキュリティの向上などが期待できます。

フレッツ光で、IPv6(IPoE)でインターネットに接続するためには、「フレッツ・v6オプション」の申し込みだけではなく、IPv6(IPoE)に対応したプロバイダと契約していることが条件になります。

IPv6サービスを標準装備しているSo-netを利用すれば、So-netへの手続きなしでIPv6サービスを使うことができます。プロバイダーによっては、開通後にインターネットや電話でIPv6の申し込みが必要な場合があるようです。

たとえば、IPv6対応のAsahiNetに申し込むと、翌営業日に、ユーザーID、パスワードなどの会員情報一式が郵送される。

このユーザーIDとパスワードをルーターに設定すれば、新たなプロバイダを通じて、インターネットと接続できる。ユーザーIDとパスワードをルーターに設定した日の月が開始月になる。

現在のプロバイダの退会手続き

プロバイダ乗り換えの場合は、現在のプロバイダの会員ページにログインして、退会手続きをする。インターネット接続の空白期間を作らないように退会月を設定する。

NTTへプラン変更申し込み(0120-116-116)

現在のISPのままでよければここから。

NTTの116に電話して、VDSL方式から「マンション・ギガラインタイプ」(光配線方式)に変更手続きをする。工事費は高いが、月々の分割払いなので、オンライントレードへの設備投資と割り切ることである。

「ギガマンション」には、Wi-Fiルーターが最初から付いてくる「スマートタイプ」と、Wi-Fiルーターの付かない「ギガラインタイプ」があるが、Wi-Fiルーターの設定は簡単なので、月額料金が安いWi-Fiルーターが付かない「ギガラインタイプ」にしました。

無線LANが必要になったら、後日Wi-Fiルーターを買って自分で接続することにしました。Wi-Fiルーターの代金は短期間で回収できるからです。

屋内配線工事

屋内配線工事は、30分前に工事の電話があり、日本コムシスの作業員が訪ねて来ました。光ファイバーの配線ルートが別の部屋経由だったので、工事は時間がかかったが、無事開通しました。

注意点としては、工事までにルーターの設置場所を決めておくことです。そうすれば、万事うまくやってくれます。

ひかり電話はそのままの電話番号で継続して使えます。

IPv6 IPoE(ネイティブ方式)を使えるようにする

もし、現在のプロバイダがIPv6に対応してなければ、IPv6に対応しているプロバイダに乗り換える必要がある。

また、NTTのフレッツ回線「フレッツ・v6オプション」とプロバイダのIPv6接続機能が共に利用可にならないと、IPv6(IPoE)でインタネットに接続できない。

私の場合、工事完了から数日後にNTTの「フレッツ・v6オプション」の申し込みをすることなく、利用可になっていました。

「フレッツ・v6オプション」が利用できるコースなら申し込みは必要ないようだ。

プロバイダのコース・プランが、「開通待ち」から「契約中」になると、「フレッツ光 IPv6接続」に申し込める。ただし、開通待ちでも、インターネットへの続はできます。

プロバイダの乗り換えでは、NTTからプロバイダー変更の確認電話がかかってきました。しばらくすると(私の場合翌月から)、プロバイダのコース・プランが、「開通待ち」から「契約中」に変わり、正式な開通になりました。