パイオニア財務諸表から倒産予測

自己資本比率・流動資産・流動負債で倒産度が分かる

パイオニアの自己資本比率・流動資産・流動負債を見るだけで、倒産度合いが簡単に分かります。財務諸表を見ながらやさしく説明します。

2008年2月13日に2009年3月期の第3四半期報告書が開示されました。それによると、当期純損失79,125百円でさらに赤字幅が拡大しそうです。株価もついに100円を割り込んでしまいました。早速簡易法で倒産度を調べましょう。

パイオニア:自己資本比率と流動比率

パイオニアのIRページから、平成21年3月期の第3四半期決算短信を開いてください。最初は、5ページの主要な経営指標等の推移を開きます。

パイオニア

自己資本比率

企業の安全性を判断するも財務分析指標のひとつで、この比率が高いほど企業の安全性が高く、一般的に50%以上が望ましいと言われています。通産省による商工業実態基本調査では、大企業の製造業の平均値は40%、卸売業は22.8%、小売業は24%となっています。

パイオニアの自己資本比率は、前期の42.9%から28.7%への大幅な減少となっており、業績回復が早期に見込めなければ、危険な数値です。

流動資産

パイオニア

次に資産の部の流動資産の合計額を見ます。流動資産は、307,471百万円です。現金預金が43,322百万円で、流動資産の14%と少ないですが、受取り手形と売掛金は、71,737百万円で、流動資産の23.3%あります。流動資産は1年以内に現金化できる勘定科目です。

この資産の部の流動資産の額307,471をメモします。ついでに電卓も用意しておいてください。

流動負債

次に、負債の部の流動負債の合計額を見ます。流動負債は、246,617百万円です。流動負債は1年以内に支払期限が到来する勘定科目です。

同様に負債の部の流動負債の額246,617百万円をメモします。

流動負債

これで流動比率を求めることができます。

流動比率は、企業の財務の安全性を判断する指標で、資金繰りに問題がないかを判断できます。一般的には150%あれば、当面の資金繰りに問題ないと言われています。この指標である程度倒産危険度を判定できます。

流動比率は次の式により計算します。

  • 流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 × 100

では、さっそく流動比率を計算してみます。

◆ 流動比率 = 307,471 ÷ 246,617 ×100 = 124.6

となり、150%を下回っており、少し問題のある数値になっています。

判定結論

これで会社の健全度チェックは完了です。自己資本比率と流動比率のふたつの指標だけで、財務の安全性がある程度分かります。

パイオニアは、流動比率も自己資本比率も注意信号点灯中です。巨額の赤字を計上するので、業績が回復しなければ最悪の事態も考えられます。パイオニアへの投資は慎重にお願いします。