手数料安い証券会社

株式手数料が安いネット株

ネット証券の安い手数料のおかげで、わずかな値動きでも、儲けるチャンスが増えました。投資スタイルによって、1日定額制コースか、1約定毎手数料コースを上手に選べば、株式売買手数料を節約できます。

古い株券

デイトレードのように頻繁に取引する方は、1日定額制を利用すれば、1約定毎手数料コースより安い手数料になっています。

株で儲けたら税金を払います。そのためには、確定申告をしなければなりません。確定申告がなにかと面倒なので、「特定口座」の「源泉徴収あり」がおすすめです。そうすれば、確定申告をする必要がありません。証券会社が納税を代行してくれるからです。必要があれば、確定申告をすることもできます。

以下、詳細・資料請求のリンク先は、各証券会社[広告]への外部リンクです。

1日定額制手数料

「1日定額制」は、頻繁にトレードする方に有利な手数料体系になっています。

1日定額制プランを選択すると、丸三証券[広告]のように現物取引と信用取引の約定代金を合算して手数料を計算するか、現物取引と信用取引の区分ごとに約定代金を合計して、それぞれの区分ごとに手数料を計算するかの2種類の手数料体系があります。

もちろん取引をしない日には、手数料はかかりません。

1日定額制の手数料なら口座開設数No.1 SBI証券

1日定額制のアクティブプランを選択すると、手数料は現物取引と信用取引の区分ごとに約定代金が合計されて、それぞれの区分ごとに手数料がかかります。

1約定ごと手数料

取引回数や約定金額が少ない方は、1約定ごとの手数料コースを利用したほうが、株式手数料が節約できる場合が多い。

1約定ごとの手数料体系を考慮して、証券会社を選びましょう。

1約定代金毎の手数料なら SBI証券
1約定代金毎の手数料なら 楽天証券