下落予兆 三空踏上げ

相場転換点

三空踏み上げ
三空踏み上げチャート

上昇過程で窓を三つ空けて上げるチャートのことを[三空踏み上げ]と呼びます。

窓とは、値が飛んで前後のローソク足の間に空間ができるチャートのことであり、「空」は「窓」と同義です。

三空踏み上げが高値圏で出現すると、下落転換のサインになることもあります。高値圏で買わないようにします。

日足では、3日連続ストップ高の三空踏み上げのことが多いが、中には、4つ以上連続で窓を空けることもあるので、どのくらい上がるかわからない。そして、その反動も大きいので要注意。

荒波は手を出さない

下の日足チャートを見ると、4日連続でストップ高になり、三空踏み上げ(さんくうふみあげ)チャートが完成しています。そろそろ下落に注意。下がるときも急なので、欲張らずに売る必要があります。

4営業日連続でストップ高になり、その翌日は安く始まり、大きく下落しました。その翌日以降も乱高下して、徐々に下げていきました。

売り時は、三空踏み上げチャート完成の翌日あたりになります。

この形は、株価下落転換の確率が高いチャートとして知られており、酒田五法では「三空踏み上げ売りに向かえ」と教えています。

図研エルミック三空踏み上げチャート