赤三兵は買いサイン

安値圏出現が買いサイン

少し大きめな陽線が、上り階段のように3本連続で出ているチャートが、酒田五法では赤三兵と言われています。

赤三兵は買いパターンとして知られていますが、赤三兵が安値圏で出た時が、株価上昇が期待できる買いサインになります。4本目のローソク足の始値あたりが買い時になります。

しかし、デイトレードなどの短期トレードで使われる5分足チャートでは頻繁に出現するので、単純に4本目のローソク足の始値で買っていたのでは、儲けにつながりません。

高値圏や上昇力が弱いときは見送りです。

3本目の陽線に注目

下のチャートを見ると、比較的大きめな陽線が、上り階段状に3本連続(チャートの1,2,3)で出現して、赤三兵チャートが完成し、その後、力強く上昇していることがわかります。このとき株価が安値圏であることを確認してください。

しかし、ある程度上げてからの赤三兵は、下落に注意する必要があります。また、高値圏で出た時は、下落する確率が高くなるので、新規の投資はしないほうが安全です。

売り時は、高値圏で赤三兵が出現したり、高値膠着状態になったら、このあたりが売り時になります。売りパターン が出た場合も、早めに売却することで利益を確保します。

赤三平チャート

大切なので繰り返しますが、高値圏で出た赤三兵は買わないこと。逆に売りシグナルと捉えて、売りを考えることがポイントです。

上昇力の勢いを判断

このチャートの特徴は、階段的に陽線が出現して、終値を切り上げていることがポイントです。上昇するエネルギーは、3本目の陽線の形で判断できます。

ひげが短く柱(本体)が大きめで、3本の陽線きれいな上り階段になっているチャートなら、上昇力があると判断できます。

上影陽線・コマ

3本目の陽線の上ひげが下ひげより極端に長い(上影陽線)は、[赤三兵先詰まり]とも言われ、上昇力が弱くなってきています。

上影陽線
上影陽線

柱(本体)が短く上下に同じ位の短いひげ(コマ)が出ているローソク足の場合も、[赤三兵思案星]と言われて、上昇力が鈍ってきています。このような柱の短い形の時は、見送ったほうがより安全です。

コマ
コマ

いくつもある時は最初

上昇過程では、いくつも[赤三兵]が出てくるし、陽線が4本以上連続したりすることがあるので、安値圏の最初の[赤三兵]を見逃さないようにします。ケースバイケースですが、2番目の赤三兵でもまだ安いと判断できたら、買ってもよい。

次の稲畑産業の週足を見ると、いくつも[赤三兵]が出ていますが。やはり桃色枠で囲った最初の[赤三兵]のときに買うのがベストだとわかります。

稲畑産業赤三平チャート

[赤三兵]は、よく出てくるので、自分の得意な上げパターンの時に投資しましょう。