上げ三法 上昇サイン

休むも相場なり

[上げ三法 あげさんぽう]とは、まだ株価上昇が継続していると判断できるチャートの形です。

上げ三法基本形
上げ三法チャート

上昇途中に大きな陽線が出る。

それに続く3本のローソク足(1,2,3)が最初の大きな陽線の内側に収まる陰線。

そして、その直後に大きな陽線が出て、その終値が最初の陽線終値をブレイクアウト(BO)したチャート。

酒田五法の値上がりチャートとして知られています。このチャートが上昇途中で出現すれば、株価上昇はまだまだ続くと判断できます。

三法とは、「売るべし、買うべし、休むべし」の三つを指します。狭い値幅で持ち合っている(1,2,3)ときは、相場を休んで株価が上昇するのか、下降するのかを見きわめることも大切であるとの教えです。

狭い値幅での往来相場では、売買しても手数料負けをするだけで、利益を得ることが難しい。そのときは、トレードを休むことも必要だというのが、三法の「休むべし」に当たります。

基本の形はなかなか出ない

上昇途中に大きな陽線が出た後、それに続く小さなローソク足は、3本のこともあれば、4本や5本、それ以上のこともあります。

最初の大きな陽線(1)に続く小さなローソク足は、陰線だけではなく、陽線やローソク足の本体のない十字線などが混ざっていてもOKです。また、最初の陽線(1)から、多少上下にはみ出していてもOKです。

次の[上げ三法]のチャートを見ると、上昇途中で出た大きな陽線(1)のあとに出たローソク足は、3本ではなく5本(2~6)であり、その5本の中には、陰線だけではなく、陽線(6)も混ざっています。

上げ三法チャート

5本のローソク足は、ほぼ大きな陽線(1)の値幅内に収まり、上げ一服となっています。その直後に大きな陽線(7)が出て、再度上昇しています。

上げ一服の後のローソク足がどちらに向かうかを見極めることが、大切であることを示しています。先回りは怪我の元と心得ておきましょう。

このチャートの特徴は、大きな陽線のあと、小さな陰線または陽線が数本出ることです。このとき陰線が3本連続して続くと、チャートの形が[黒三兵]と同じ形になり、株価下落と勘違いする時があります。

3本のローソク足の長さや位置、4本目が陰線なのか陽線なのか、また株価の位置などから、株価が上に行くのか下に落ちるのか判断してください。