富士フイルム [年金銘柄]

富士フイルム(4901)

東京証券会館

流動比率200%を大きく超えるキャッシュリッチであり、財務内容がとても優秀な会社です。株価が安い時に買って、長期保有する代表的な銘柄です。リーマンショックのときは大きく下げたが、このようなときこそ買いのチャンスです。恐れずに買いたい銘柄です。

2020年7月現在

新型コロナの治療薬「アビガン」が注目されましたが、いまだに薬事承認されていません。

4月の高値6,420円から大きく下げていますが、2番底があるかもしれないので、もう少し待ちましょう。

私はこの株価では買いません。

銘柄情報
市場 東証第1部
取引単位株数 100株
決算期日 3月末日
Webサイト 富士フイルムHD IRページ

2019年10月

2013年に株価は2,000円を超えて、2014年も上げて、4,000円を超えてきました。その後も上昇を続け2015年には、株価は5,000円を超えました。2017年も、株価は4,500円前後をキープしています。

2018年に入り5,000円を超えてきたが、4,000円近くまで下落。しかし、2019年には5,500円を超えましたが、その後4,500円~5,000円をキープしている。

この株価では、高値つかみになる危険があるので、私は買うのを控えます。

日経電子版:富士フイルムHD

2,000円以下で買い(2013年12月)

2007年11月に高値5,710円を付けてから、下がり続けて2009年3月4日には、安値1,694円を付けてしまいました。2,000円以下の株価は、1995年7月5日の1,960円以来です。

しかし、アベノミクスと円安で、2013年に入ると、株価は2,000円を超えて、12月には3,000円に迫る勢いでした。

株価ゾーン 投資判断 売買条件
1,500円未満 積極買い 為替:1ドル80円
1,700円未満 為替:1ドル90円
1,900円未満 為替:1ドル100円
2,000円~2,500円 消極買い 業績好調かつ上昇相場
2,500円~ 見送り -
3,000円超 売り 長い上髭等売りサインが出た時や、5,000円超

2,000円まで下げる確率は低いので、2,000円を大きく上回っているときは、他の優良銘柄を見つけて、チャンスが来るまで気長に待ちましょう。

富士フイルムの過去の高値は、2007年11月の上場来高値の5,710円や、2019年7月の5,618円、1998年1月の5,540円。1995年以降は2008年のリーマンショックまでは、2,000円を割ったことがありません。

安値のほうは、2012年9月の1,240円(2012年は超安値の1年)、2009年3月の1,694円、1995年3月の1,850円があります。1986年以前は1,000円台が普通の株価でした。

【追加(2013年12月20日)】為替レートが円高が進んだら、それに合わせて投資判断の株価も修正してください。積極買いの株価ゾーン は、(2000 × 為替レート ÷ 100)- 100 で計算しました。

富士フイルム(4901)への投資判断は、皆様自身でお願いいたします。