BPS(1株純資産)

BPS = 純資産 ÷ 発行済み株式数

BPS(1株純資産)は、仮に会社が解散した場合、1株当たりいくら戻ってくるかという金額を表す株価指標で、この値が株価の下支えになります。1株当り株主資本とも言います。

歴史のある名門企業を狙え

式から分かるように、発行済み株式数に変化がなければ、企業が儲かり利益を上げて、純資産が増加すれば、BPSも大きくなります。仮に純資産が2倍になれば、BPSも2倍になり、逆に純資産が1/2になれば、BPSも1/2倍になります。つまり純資産はBPSに比例することになります。

実際には純資産から、保有株式等の含み損を差し引かないと、正確なところはわかりませんが、歴史のある名門企業は、土地の含み益が相当あるので、BPSが株価より大きければ、お買得なケースが多そうです。たとえば、2008年12月19日の富士フイルムの終値は1,855円ですが、1株純資産は3,811円なので、かなりお買得な銘柄と言えます。

2008年のリーマンショック後には、このように株価がBPSを大きく下回る優良銘柄が続出しました。こうした大きな乖離はめったにありません。もし見つけたら大きな儲けのチャンスです。

次の表は古いですが、2008年12月19日の終値とBPSの乖離が大きかった優良銘柄の一例です。

コード 銘柄名 株価 ÷ BPS = PBR
株価 BPS PBR
4901 富士フイルム 1,855円 3,811円 0.48倍
5108 ブリヂストン 1,297円 1,757円 0.73倍
6752 パナソニック 1,051円 1,781円 0.59倍
6753 シャープ  585円 1,119円 0.52倍
6758 ソニー 1,821円 3,453円 0.52倍
7752 リコー 1,001円 1,498円 0.66倍