非課税の投資先

iDeCo 個人型確定拠出年金(個人型401K)

譲渡益が非課税になるNISAですが、同じ非課税なら、NISAより非課税の恩恵が多い個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめです。掛金には所得税がかからない、運用期間中も非課税なうえ、給付金も税制優遇されます。

個人型確定拠出年金iDeCoポータル

iDeCo 個人型確定拠出年金は、自営業や企業年金のない会社に勤めていて、20歳以上60歳未満の方であれば、だれでも加入することができます。

2017年1月からは、公務員や専業主婦だけでなく、企業年金のある会社員の方も加入できるようになりました。

2018年1月からは、拠出単位が毎月から年単位への変更になり、たとえば、ボーナス月のみの拠出も可能。

ぜひ確定拠出年金を検討してみてください。

節税効果は大きいのですが、運用成績を上げないことには、経費倒れや元本割れの危険性もあります。しかし、毎月かかる費用(手数料)については、手数料が低額の運用会社を選ぶことで節約が可能です。

たとえば、いくつかの証券会社では、毎月かかる口座管理手数料が無料になっています。長期間運用するので、累積してくると、毎月の手数料の差は大きい。

誰でも、いつまでも毎月の運営管理手数料無料のマネックス証券

たとえば、マネックス証券の個人型確定拠出年金 iDeCoは、毎月の運営管理手数料が0円です。

マネックス証券の個人型確定拠出年金
毎月かかる費用
支払先 科目 月額費用(税込)
国民年金基金連合会 口座管理手数料 103円 どこの証券会社でも同額
信託銀行(事務委託先) 口座管理手数料 64円
マネックス証券 運営管理手数料 無料 多くが有料
合計手数料 167円  
加入時・他社からの移行(移換) 手数料
国民年金基金連合会に 2,777円
マネックス証券に 0円
合計 2,777円

詳細・資料請求はこちら↓。マネックス証券[広告]への外部リンクです。

NISA(少額投資非課税制度)・つみたてNISA

証券優遇税制の軽減税率が終了後、2014年から新たな非課税制度として、少額投資非課税制度「NISA」が始まりました。株式投資の初心者向きの制度になっていまですが、注意点がたくさんあります。

年間最大120万円まで(2014年から10年間)の投資額に対して、5年間配当金と譲渡益が非課税になる制度です。もし、5年間保有し続けたら、2018年までは、さらに最大5年の非課税枠に移管することができます。

NISA

しかし、この期間内に売って儲けが出ていないと、譲渡益は非課税になりません。NISAは制約が多く、損を出すとその損はなかったことになり、投資家が不利になります。たとえば、NISA口座は、特定口座や一般口座との損益通算や、損失の繰越控除ができません。

NISAで株を買う時は、安値圏銘柄を選んで、同じ銘柄だけを単位株数(100株単位の売買なら100株だけ)を購入してください。そうすれば、買った株価より安くなったなら、また追加で買えるので、取得単価を下げることが可能になります。

つみたてNISA(2018年1月開始)

「つみたてNISA」は、年間40万円まで運用でき、最長20年間譲渡益が非課税になります。

積立形式なので、毎月最大33,333円(40万円÷12)まで。購入は、金融機関が毎月決まった時期に自動的に行います。

ただし、現行のNISAか、つみたてNISAのいずれかを選ぶ必要があります。投資できる商品は投資信託とETFに限定。

つみたてNISA

プレミアム積立(プチ株)

非課税ではありませんが、投資資金が少ない方は、カブドットコム証券の「プレミアム積立(プチ株)」はいかかでしょうか。毎月500円以上1円単位の少額から取引できる入門者向けの商品です。

「プレミアム積立(プチ株)」は、6回目以降の株式手数料が、初回手数料に比べて、約半額に優遇される特典があります。

また、積立代金は、銀行預貯金口座からの自動引落や、証券口座の預り金が利用できるので、その都度入金する手間が省けます。

詳細・資料請求はこちら↓。カブドットコム証券[広告]への外部リンクです。